専属運転手とは!?どんな働き方をするの?


特定の人の送迎が基本の仕事内容

専属運転手は、文字通り誰かの専属となって、車で送迎を行う仕事です。契約する相手は企業の役員や政治家など色々で、その相手次第で仕事内容や忙しさが大きく変わることも珍しくはありません。そして、個人で専属契約を結ぶ他、専属運転手を派遣する会社に所属して、依頼があったところに出向くという形もあります。

短時間での移動や安全のために利用される

車は電車やバスなどの公共交通機関と違って、目的地まで直接辿り着くことができます。また、運転手以外に同乗する人がいないため、プライバシーも守られ、安全性が高いです。そのため、移動に無駄な時間をかけられず、公共交通機関だと危険が伴いそうな人が専属運転手を利用することが多いです。さらに、万が一事故を起こしてしまったら、イメージに傷が付きかねない人が、念のために専属運転手と契約することもあります。

契約相手によって仕事の忙しさが変わる

専属運転手の仕事内容は、契約している相手に合わせる形となります。そして、大抵の場合は日中全てが勤務時間です。そのため、朝と夕方の送迎だけをする場合、それ以外の時間は待機することになります。運転する時間よりも、待機する時間の方が長くなるのは珍しくはありません。ただ、運転以外にも、スムーズな送迎ができるように道路状況を確認したり、車両の整備をしたりするなど、やるべきことはあります。また、契約相手によっては、休日の趣味の送迎を担当したり、夜遅くまで待機したりすることも仕事に含まれます。あちこちを忙しく駆け回るような人であれば、休む暇があまりないかもしれません。

運転手の派遣は、労働者派遣法に基づいて運営されています。派遣会社を通して仕事に就く方が優良企業へ就ける可能性が高いです。

海外カジノ

You may also like these